名古屋の結婚式はシアトル・マリアージュ

2012年09月14日

クリエーターの世界 〜 フラワー編 〜


皆様、こんにちは。

ご無沙汰しておりました。

9月中旬を迎えても、この暑さ。

涼しくなるのは、10月からでしょうか?


さて、本日は、フラワーの打合せについてお話いたします。

私たちプロデュース会社は、お客様のウェディング創りの

お手伝いをしておりますが、同時に人生の大きなイベントの

制作者の役割があります。


お客様のコンセプトをもとに、様々なクリエーターたちが、

ひとつのウェディングを創り上げていきます。

そのひとつのお花は、お客様のコンセプトをビジュアルから

表現する大切なものです。


お招きされるゲストの皆様が、披露宴会場に入って

どう感じてもらえるか、心の琴線に触れたら最高ですよね。


写真は、フラワーデコレーターが、お客様に当日のゲストテーブルに

飾るフラワーのプレゼンテーションを行っているものです。


IMG_1317.jpg


事前にお客様から、お花のお好みや色のお好み、花器へのこだわりや、

お花に対する想いなどをヒアリングを行い、プレゼンテーションをします。


フラワーデコレーターが、お二人から伺ったコンセプトをもとに

素敵に表現できているか否か、和やかな打合せのなかにある緊張感、

イメージ通りとのお言葉を頂いたときの嬉しさと安心感は何とも言えません。


ヒアリングとプレゼンテーション、二回にわたるお花の打合せ。

一手間、二手間をかけて行う、私たちのフラワーの打合せは、

おかげさまでお客様に大人気です。


打合せでイメージしたものと当日のフラワーが違っていた。

後日、アルバムやビデオを観て思うこともあるようです。

見たものが、当日そのまま表現されるプレゼンテーションに嘘はありません。

そこも人気のある原因のひとつと言えます。


クリエーターと呼ばれるフラワーデコレーターと、

二回の打合せができる贅沢感、そこから生まれるアーティスティックな世界。


先日も、そのプレゼンテーションを行って頂いている、

フラワーデコレーター集団、「ルカ」へお客様とともに出向き、

プレゼンテーションを受けてきました。

お客様も大満足で、非常に意義のある打合せでしたと

お褒めのお言葉も頂きました。


百組いれば百通りあるウェディング。


フラワーも同じです。


これからもお一組お一組、一手間二手間をかけて

お手伝いをして参ります。


明日から三連休ですね。

皆様、思い切り楽しんでください。

posted by シアトルマリアージュ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。